インテリアとして適した観葉植物

観葉植物はインテリアとして是非ともリビングに飾ってみたいですよね。しかしながら、日当たりの良い場所においても枯れないのか、直射日光は大丈夫なのか、室内で育てるのは何を気をつければいいのかとわからないことも多いでしょう。

まず日当たりの良い場所に置くなら、サボテンなどの多肉植物がおすすめです。水をたっぷりと蓄えているので乾燥に強く、もともと直射日光の多いところで育っていたので、日光にも強いです。窓辺に置くなら、ハートカズラワイヤープランツも良いでしょう。

これらは日光が必要なので、是非とも日当たりの良い場所に置くべきですね。逆に日陰のあるところに置くなら、ポトスライムが良いです。これは観葉植物の中でも日陰の中で育つ数少ない品種です。ただし寒さには弱いので、室温は5度以上になるように心がけてくださいね。

テーブルヤシヒメモンステラも日陰でも大丈夫です。これらの品種は初心者向けであり、観葉植物を初めて育てる人にも簡単に育成できます。今回は日光のあるなしで育てやすい植物を紹介しましたが、1つだけ気温には気をつけましょう。

やはり観葉植物は全体的に寒さに弱いので、出来れば室温は10度以上に保った方が良いです。

関連記事

ピックアップ記事

2017.6.23

観葉植物のデメリット

観葉植物はインテリアとしても部屋に飾ることが出来、気軽に緑を取り入れられますよね。しかし観葉植物は何もメリットばかりではありません。デメリッ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る