オフィスに観葉植物を置く効果

観葉植物はオフィスに緑を取り入れようと置く場合もありますよね。インテリアとして置こうと考えている人もいるでしょう。実際にオフィスに観葉植物を置くのは、飾りとして取り入れることもありますが、その他にも良い効果が多数あります。

目に見えるものとしては、まず植物には空気清浄の作用があり、ホルムアルデヒトたばこの煙など、人にとって有害な物質を吸収して、浄化してくれる効果があります。いわば自然の空気清浄機というところでしょう。

また観葉植物を眺めることで、目の疲労軽減効果も生まれ、特にデスクワークなど目を酷使するような現場では、観葉植物を置くのをおすすめします。さらには植物は呼吸をしていますので、湿気を放出します。

そのために湿度を上げる効果もあり、20%ほど湿度があがります。そして直接的な効果以外にも、働いている人に良い効果はあります。まず心理的に騒音を下げる効果があり、植物に囲まれていると、周囲の騒音が気にならなくなるのです。

観葉植物によってオフィスの空間も雰囲気が良くなり、職場全体での作業効率などが高まって、生産性アップにも繋がります。観葉植物はオフィスに置くと、良い効果を多数もたらすのです。

関連記事

ピックアップ記事

2016.12.30

インテリアとして適した観葉植物

観葉植物はインテリアとして是非ともリビングに飾ってみたいですよね。しかしながら、日当たりの良い場所においても枯れないのか、直射日光は大丈夫な…

カテゴリー

ページ上部へ戻る