リビングで育てやすい観葉植物

室内で観葉植物を育てようとすると、どの観葉植物が育てやすいのか迷いますよね。せっかく観葉植物を育てるなら、枯らさずに上手く育てたいものです。やはり育てるならインテリアとして見栄えも良い方が良いでしょう。

ガジュマルは幸せを呼ぶ木とも言われており、クワ科の植物であり、虫や乾燥にも強く初心者にもおすすめです。あまり日光も必要としないので、直射日光に当たらないところに置くと良く、リビングや本棚などに飾ると見栄えがよいです。

サトイモ科のセロームは、南国風の観葉植物であり、ある程度の寒さにも耐えられます。これは窓辺などに置くと良いです。トックリランは膨らんでいる根に栄養を溜める植物であり、乾燥やストレスにも強く、寒さにも強いので育てやすいです。

葉が細くカールして伸びるのが特徴でありポニーテールとも呼ばれます。寒さにも陰にも強いのがケンチャヤシです。これは直射日光を当てると葉焼けが起きるので、光の少ないところで育てると良いです。育てると人間の背丈以上に大きくもなります。

育てるのが簡単と言うと、ホンコンカポックもあり、観葉植物の中でも特に育てやすいです。日当たりと風通しの良いところであれば、どこでも育ちます。十分な光を与えれば冬も越すことが出来ます。

関連記事

ピックアップ記事

2017.4.21

オフィスに観葉植物を置く効果

観葉植物はオフィスに緑を取り入れようと置く場合もありますよね。インテリアとして置こうと考えている人もいるでしょう。実際にオフィスに観葉植物を…

カテゴリー

ページ上部へ戻る