開店祝いに観葉植物を贈るときのマナー

開店祝いに観葉植物を贈ればとても喜ばれますが、やはり贈るにはマナーがあります。どうせ贈るなら相手に喜ばれるようにして贈るべきですよね。ただ単に観葉植物を贈ればそれでいいとは限らないのです。

一般的にお店などに観葉植物を贈るときは、熨斗を添えます。しかし開店祝いで贈るなら熨斗ではなく祝い札を立てて贈ります。これは花を贈る場合でも同じです。祝い札には贈主と相手の名前、祝う目的などを記載すると良いでしょう。

表は朱書きにして、祝などの文字を入れるようにします。ただこのような祝い札の書き方がわからないなら、花屋などで観葉植物を買ったときに言うと、お花屋さんが代わりに手配してくれます。

また贈るときは開業してからではなく、開業前に贈るようにします。タイミングとしては、開業1週間前から前日ぐらいまでに贈るようにしましょう。開業前に贈ることが出来ず、都合により開業後に贈る場合は、祝い札には祝などの文字は入れないようにします。

その代わりに商売繁盛など、お店の発展を願う言葉を記載して贈ります。当然のことながら、贈る観葉植物は、開業にふさわしい意味合いのある植物を贈るようにしましょう。インテリアとして、そして手のかからない品種が適しています。

関連記事

ピックアップ記事

2017.3.3

開店祝いに観葉植物を贈るときのマナー

開店祝いに観葉植物を贈ればとても喜ばれますが、やはり贈るにはマナーがあります。どうせ贈るなら相手に喜ばれるようにして贈るべきですよね。ただ単…

カテゴリー

ページ上部へ戻る